ピルを飲むのを止めたい!PMSの症状に有効なサプリは?

日本はピルの後進国と言われてきましたが、最近ではライフスタイルに合わせて、ピルを服用している人も増えてきています。避妊目的だけでなく、ピルにはPMSや生理不順の改善、生理痛の緩和などの効果があり、このような目的で使用している人も多いでしょう。

毎月のつらい症状にお悩みの方にとって、ピルの効能はありがたいものですが、ピルは保険が適用されませんし、妊娠を希望している人は服用することができません。そこでピルと違って避妊効果のない、PMS対策サプリについて調べてみました。

PMSサプリの選び方

ピルにはエストロゲンとプロゲステノーゲンという女性ホルモンが含まれており、これを経口摂取することで、卵巣の働きが抑制されて、排卵を起こさせなくするというものです。排卵が無いと、それに続くホルモンの分泌や生理も起こりません。

PMSの原因は、まだはっきりと分かっていませんが、排卵後に女性ホルモンのバランスが大きく変化することが原因と言われています。このほかにも、ビタミンやカルシウム不足などの栄養状態や、ストレスが多い生活をしていると症状が現れやすい傾向にあります。

そこで、ピルよりも効果はマイルドですが、以下のような成分を配合しているサプリメントでPMSの症状の改善が期待できます。


PMSサプリで摂りたい成分

ビタミンE

新陳代謝を促進して、アンチエイジングにも効果的として知られているビタミンEは、血行を良くしてくれるので、冷えや体が重い感じを和らげるのに効果的と言われています。

ビタミンB群

ビタミンB6は、疲労回復や感情を安定させるのに必要な神経物質、セロトニンの合成に欠かせない栄養素です。生理前は特に気分が落ち込んでしまう人にはおすすめです。

チェストベリー、月見草オイル

日本ではまだ馴染みがありませんが、どちらもヨーロッパやアメリカで古くから婦人系疾患の治療として用いられてきたハーブです。薬と違って副作用の心配もありませんので、安心して摂ることができるでしょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには、生理前に減少するエストロゲンに似た働きがあるため、大豆イソフラボンが配合のサプリメントで、ホルモンバランスの変化を緩やかにすることができると言われています。


まとめ


ピルには避妊効果だけでなく、PMSの軽減や生理不順の解消など様々な効果が知られていますが、これから妊娠を希望する人や、なんとなくピルには抵抗があるという人には、避妊効果のない、サプリメントがおすすめです。

ビタミン類やハーブを用いたサプリメンントで、生理の悩みと上手に付き合っていきましょう。

このページの先頭へ