生理前のイライラがひどい!どの成分を摂取したら解決する?

生理前になると身体がむくんだり、1日中だるく感じたりと、人によって様々な症状がみられます。特にイライラしたり、感情の起伏が激しくなるなど精神的な症状は、そんなつもりはないのに周囲の人に迷惑をかけてしまって、よけいに気分が落ち込むこともあるでしょう。

そんな生理前のイライラを解決するために、摂っておきたい栄養素について調べてみました。

ホルモンバランスを整える食べ物

生理前に身体や心に様々な影響を及ぼすのは、排卵期に変化するホルモンバランスが原因であることが知られています。そして、ホルモンバランスを左右する要因の一つに食生活が挙げられます。

イソフラボン

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きがあることが分かっています。

イソフラボンは美のホルモンとも呼ばれており、コラーゲンの合成を促進して、肌や髪を若々しく保つ働きがあります。また、排卵前に分泌される量がピークになり、排卵期は減少して、代わりにプロゲステロンというホルモンが優位になります。

生理前のイライラは、このようなホルモンバランスの急激な変化に、自律神経がついていけなくなることが原因だと言われています。

そこで大豆などに含まれるイソフラボンを摂ることで、急激に減少したエストロゲンの替わりに役割を果たし、自律神経の乱れを緩和することができるでしょう。


ビタミンB群

ビタミン類は身体の調子を整えるために大切な栄養素ですが、特にビタミンB6は、エストロゲンの合成に関わっており、ホルモンバランスを整える働きがあり、PMSの症状を緩和してくれるでしょう。

ビタミンB6は神経伝達物質の合成にも関与しており、精神状態を安定に効果が期待できます。

また、ビタミンB群は精神のビタミンとも呼ばれる成分で、タンパク質やアミノ酸からセロトニンやアドレナリンなどの、疲労回復やストレスを改善するホルモンを合成します。

1種類のビタミンだけでなく、ビタミンB群として摂取することで、その働きがより効果的になるので、食事などでバランスよく摂ると良いでしょう。ビタミンB群は、マグロやカツオなどの魚介類、レバーや玄米などに多く含まれています。

まとめ

生理前のイライラは、多くの女性が経験する症状ですが、これは生理前にホルモンバランスが大きく変化することが原因であると言われています。そこで、減少したホルモンを補ったり、ストレスを緩和する栄養素を摂ることで、生理前のイライラを緩和することができるでしょう。

このページの先頭へ