バストアップ成分!イソフラボンもPMS症状の緩和によいの?

大豆に含まれるイソフラボンは美肌や健康に良いことはよく知られていますが、実はバストアップや生理前の不快な症状であるPMS(月経前症候群)の緩和にも効果的であると言われています。

そこで今回は、女性にとってうれしい作用が詰まったイソフラボンの効果について調べてみました。


イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがある

女性ホルモンには排卵や生理、妊娠など女性特有の機能を調節する働きがありますが、そのほかにも肌の調子や髪の毛の健康を維持したり、自律神経にも影響を与えています。

女性ホルモンにも様々な種類がありますが、エストロゲンというホルモンは卵子のもととなる卵胞の成長をサポートするホルモンで卵巣から分泌されます。

女性にとって大切な作用があるエストロゲンですが、プロゲステロンという別の女性ホルモンが優位になる排卵後には、その効果が低下するため、PMSなど身体に不調をもたらします。

また、ストレスや栄養の偏りなどでホルモンバランスが乱れることでも、エストロゲンが十分に分泌されなくなります。

そこで注目されているのが、豆腐や味噌などの大豆食品に含まれる大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは、構造がエストロゲンとよく似ており、女性ホルモンと同じような作用があることが知られています。


大豆イソフラボンでPMSの症状を軽減

PMSはホルモンバランスの乱れが原因と言われていますが、普段からエストロゲンの分泌が不十分な人は、その他のホルモンが正常に分泌されず、自律神経の乱れにつながる可能性があります。

大豆イソフラボンがエストロゲンを補う働きをすることで、ホルモンバランスの調整に効果が期待できると言われており、特にPMSで頭痛などの身体的な症状が重い人に有効に働くようです。

さらに、エストロゲンは妊娠中に母乳を作るために乳腺を発達させますが、大豆イソフラボンにも同様の働きがあり、バストアップサプリメントにも多く配合されています。

PMSの軽減以外にも、エストロゲンの量が急激に低下する閉経前後には、更年期障害の軽減のために大豆イソフラボンが有効であると言われています。

大豆イソフラボンは納豆や豆腐などの大豆加工食品で摂ることができますが、普段の食事では毎日摂るのが難しいという人も多いでしょう。そのような場合はサプリメントを上手に利用するのもおすすめです。


まとめ

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きがあり、肌の調子を整えたり、乳腺を発達させてバストアップにも効果が期待できる成分です。

大豆イソフラボンは、エストロゲンを補う働きがあるため、ホルモンバランスの乱れが原因で起こるPMSの軽減にも役立つでしょう。

このページの先頭へ